もうすぐ誕生日だけど、消費者金融の年齢制限は?

誰でも生活していくためにお金を必要としますし、お金がなければできないことと言うのは数多くあります。それと同じくらいお金を得る手段というものも存在しています。お金を使う、これはいくらでもまた誰もがその方法を思いつくことでしょう。買い物や旅行、食事や病院などでの診察。やろうと思えば大体のことに支払いが付いて回ります。
それでは、お金を得る手段についてはどうでしょうか。即座に思いつくのは働くということです。アルバイト・パート・正社員や派遣社員・内職とこれも多岐に渡る種類があります。働く以外の方法と言えば遺産相続や宝くじが挙げられますが頻度が高いわけではありません。では他と考えると消費者金融や銀行などから借りるという方法があります。
時間は有限ですし法律等の問題から働ける時間には限りがあります。なので急にお金が入り用になった、出費がかさんで生活が困ったといった事態に陥った場合、借りるという選択肢しか残されていないのです。とはいえ、誰もがお金を借りられるわけではありません。例えば消費者金融の場合、大きな制限としては年齢制限があります。
基本的には20歳以上を超えていない場合借り入れが出来ないというのが通例です。本人が結婚している場合に限り未成年でも借り入れできるというケースもありますが、あまり多いとは言えないケースでしょう。借りるということは返すわけですから、当然返済する責任を負うに足る人物でなければいけないということです。お金を使う・借りる時は自分の身の丈に合ったた方法を選ぶ、これはとにもかくにも大前提と言えるでしょう。